【報ステ】住友重機労組の元書記 着服10億円超か(20/01/10)

住友重機械工業の労働組合で書記を務めていた田村純子容疑者(60)は、組合の口座から5000万円を横領した疑いが持たれている。1人で経理を担当していた田村容疑者は、組合員の積み立て年金口座から自身の個人口座に移し替えていたという。口座は定期的に残高のチェックがあったが、組合の別口座から補填(ほてん)して発覚を免れていたという。この別口座はチェックがなかったとみられている。こうした手口で、2008年からの約10年間で10億円余りを移し替えていた。田村容疑者は、着服した金で馬術競技用の馬6頭や高級外車などを購入したという。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

コメントを残す