【報ステ】緊張続く中東へ・・・自衛隊あすから派遣(20/01/10)

政府は10日、緊張が続く中東に向け、自衛隊を派遣する命令を出した。11日には『P3C哨戒機』2機が出発。来月2日には護衛艦『たかなみ』も中東に向かい、総勢260人の隊員が派遣される。国会の承認を必要としない防衛省設置法の『調査・研究』に基づく派遣で、目的は、日本に関係する船舶の安全を確保するための『情報収集』としている。河野防衛大臣は「中東の緊張が高まっているからこそ、日本関係船舶の航行の安全に必要な情報収集活動を強化していかなければならない」と説明。立憲民主党・安住国対委員長は「調査目的のために出すのは非常に危険性が高いし、仲介役を自任してきた国がそうした行動を取るということは国際社会から見てどう思われるのか」と指摘した。こうしたなか、安倍総理は11日、一時は延期を検討したサウジアラビアなど中東3カ国の歴訪に出発する。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

コメントを残す