もし南海トラフが起きたら… 3m超えの津波発生確率26%以上

国の地震調査委員会は、1月1日時点での地震の発生確率を公表した。

30年以内の地震発生確率が高いランクから、紫、赤、黄色、緑色で示している。

宮城県の陸寄りの沖合で、マグニチュード7.4前後の地震が起きる確率は、30年以内に60%程度となっている。

青森県東方沖および岩手県沖北部で起きる、マグニチュード7.9程度の地震は、これまでの5%~30%の確率から、6%~30%にわずかに上がった。

また、南海トラフで、マグニチュード8~9の巨大地震が、今後30年に起きる確率は、2019年と同じ70%~80%となっている。

北海道十勝沖から根室沖の千島海溝、東日本大震災の震源となった日本海溝、相模トラフなど、南関東の地震は切迫度が最大ランクで、海溝型地震の確率は高いままとなっている。

(2020/01/24)

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

コメントを残す