トレンドは「おもてなし減らす飲食」

人材大手のリクルートは、ことしの流行を予想する「トレンド予測」を発表しました。飲食店なのに「おもてなしを減らす」という新しいサービスの形などが選ばれました。

 キーワードとして発表された「おもて無しグルメ」は、味優先で接客を簡略化する飲食店のスタイルで、セルフサービス形式にするなど「おもてなし」を極力減らすことで、お得でおいしい料理の提供を狙うものです。また、東京オリンピックに向けて交通混雑を緩和させようと自宅で仕事をするテレワークが推進されていることから、派遣先での勤務と在宅ワークを合わせた「出勤オフ派遣」や、自宅の間取りの一部をオフィスのようにする「職住融合」などが予測されています。

コメントを残す