バドミントン・桃田賢斗選手が退院後初のコメントを発表

遠征先のマレーシアで交通事故に巻き込まれ、15日に帰国した、バドミントンの桃田賢斗選手が、精密検査を終えて退院した。

桃田賢斗選手が所属するNTT東日本によると、帰国後、病院で精密検査を受け、検査の結果「身体面に異常なし」と診断され、17日に退院することが決まった。

退院後は、しばらく静養を予定している。

桃田選手は、「この度はご心配をおかけしましたが、幸いにも、日本帰国後の精密検査でも異常が見当たらず、本日退院することになりました。また、あらためまして、今回の事故で亡くなられた運転手の方のご冥福をお祈りします」とし、さらに「一日も早く、元気なプレーをお見せし、支えてくださっているみなさまに、恩返しをしていきたいと考えています」とコメントしている。

今後の練習復帰のスケジュールについては、未定だという。

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

コメントを残す