上皇ご夫妻 静養先の群馬でコンサートを鑑賞(19/08/28)

上皇后さまが静養先の群馬県草津町で世界的な音楽家とともにピアノを演奏し、27日夕方には上皇さまとコンサートを鑑賞されました。 上皇后さまは午後、草津町で開かれている国際音楽祭でピアノのレッスンを受けられました。ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の首席フルート奏者・シュッツ氏とともにサン・サーンス作曲の「白鳥」を演奏されました。記者団が感想を尋ねると、「とてもきれいなフルートの音で、聞き入ってしまいました」と話されました。夕方には上皇さまとお二人そろってシュッツ氏が出演したコンサートを鑑賞し、大きな拍手を送られていました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

コメントを残す