京アニ 事件後初の新作公開 犠牲者の名前も(19/09/06)

35人が死亡した放火殺人事件があった京都アニメーションの事件後、初めてとなる新作映画が6日に公開され、エンドロールに犠牲者と負傷者全員の名前が表示されました。 新作映画は7月に起きた放火殺人事件の後に公開される初めての作品で、事件の前日に編集を終え完成したものです。通常、作品のエンドロールの字幕に載るのは1年以上の経験を持った人が対象となりますが、今回は事件の犠牲者と負傷者全員の名前が載せられました。 作品を鑑賞した客:「亡くなられた人たちの思いが表れていて、とても感動できる作品」「公開予定を遅らせることなく、スタッフさんたち頑張ってくれたんだな」 この作品は全国各地で3週間限定で上映されます。一方、殺人などの疑いで逮捕状が出ている青葉真司(41)容疑者は今も入院中ですが、捜査関係者などによりますと、重篤な状態を脱して医師の問い掛けに対して首を振るなどの意思表示ができるまでに回復しているということです。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

コメントを残す