北京の空港 乗客搭乗中に羽田行きの旅客機から煙(19/08/28)

北京の空港で27日、乗客が搭乗中の羽田行きの旅客機から煙が出て全員が避難しました。 旅客機から白い煙が立ち上り、上部が黒く焦げ付いています。北京の空港で夕方、羽田行きの中国国際航空の旅客機の貨物室から煙が出て消火活動が行われました。搭乗中の乗客は全員、避難したということです。中国メディアは、この旅客機は約5年間使用されていたと報じています。火災によって空港を使用する他の航空便にも遅れが生じました。中国国際航空は原因について調査中だとしています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

コメントを残す