北朝鮮「要求を全てのまなければ対話の再開ない」(20/01/11)

北朝鮮の高官が非核化交渉に関してアメリカが「要求をすべてのまなければ、対話の再開はない」などとする談話を発表しました。

 朝鮮中央通信は11日、アメリカを訪問していた韓国政府の高官がトランプ大統領から金正恩委員長の誕生日を祝うメッセージを受け取って北朝鮮に伝えたと明かしたことを否定しました。そして、北朝鮮の金桂冠(キム・ゲグァン)外務省顧問が「トランプ大統領の親書を直接、受け取った」とする談話を発表しました。そのうえで、韓国に対して「仲裁者の役割を果たそうという未練がまだあるようだ」と不快感を示しました。また、金委員長とトランプ大統領の個人的な関係は良好だとする一方、非核化交渉について「我々の要求をすべてのまなければ対話の再開はない」という談話を発表し、アメリカを牽制(けんせい)しました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

コメントを残す