台風被害の箱根登山鉄道 全線運転再開は来年秋ごろ(19/11/23)

台風19号の影響で橋が流されるなどして一部の区間で運休が続く箱根登山鉄道は、来年の秋ごろに全線の運転再開を目指すと発表しました。

 箱根登山鉄道は台風19号による大雨で斜面が崩落して橋が押し流され、線路に土砂が流れ込むなど広い範囲で被害が出ました。先月13日から箱根湯本駅と強羅駅の間で運休しています。箱根登山鉄道は現地調査の結果、全線での運転再開は来年の秋ごろになるという見通しを今月22日に発表しました。被害の大きい場所では現在、復旧工事に向けた土砂の撤去作業が行われているということです。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

コメントを残す