年金積立金は過去最高の166兆円超「一喜一憂せず」(19/08/09)

昨年度の厚生年金と国民年金の収支決算が発表され、合わせた年金の積立金は時価ベースで過去最高となる約166兆5000億円になりました。 年金の積立金の増加は去年の発表に比べると少し鈍りました。厚生労働省の担当者は「株価の変動が影響した可能性があるが、一喜一憂するものではない」と話しています。年金の積立金は株式や債券で運用されています。厚労省によりますと、会社員などが加入している厚生年金の3月の時点での積立金は前の年に比べて2兆4300億円増え、約157兆3300億円でした。一方、自営業者などが加入している国民年金の積立金は前の年に比べて700億円減り、約9兆1500億円でした。合わせた年金の積立金は166兆5000億円となり、前の年に比べて2兆3600億円増えました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。