掃海艦「えたじま」進水式 再来年3月から運用へ(19/12/13)

海上自衛隊は掃海艦「えたじま」の進水式を行いました。掃海艦としては3艦目になります。

 えたじまの由来は広島県にある旧帝国海軍からの海軍兵学校の名前で、現在も海上自衛隊の学校があります。えたじまは強化プラスチック製で総工費約177億円、約55人が乗艦できます。これまで運用していた掃海艇に比べ、深い海中の機雷を掃海することができるということです。えたじまは海上自衛隊の横須賀基地に配備され、再来年3月から運用される予定です。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

コメントを残す