森林火災の消火期待も…またコアラ受難 オーストラリアで大雨

森林火災が拡大するオーストラリア東部で、大雨が降り、消火活動につながると期待される一方で、洪水などの被害も出ている。

東部のクイーンズランド州やニューサウスウェールズ州は、16日から激しい雷雨に見舞われ、シドニー近郊の動物園では園内で鉄砲水が発生し、飼育員がコアラなどを避難させた。

オーストラリアでは、2019年9月から、各地で深刻な森林火災が続いている。

消防当局によると、火災が起きている地域でも大雨が降ったことから、消火活動の進展につながると期待されている。

しかし、その一方で、洪水が発生している地域もあり、地元の天気予報は、乾燥が続いた地域では雨水が十分に吸収されず、大雨被害が拡大するおそれがあるとして、警戒を呼びかけている。

(2020/01/18)

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

コメントを残す