葉物野菜が大きくて安い! 暖冬で家計ホクホク(20/01/10)

最近、ブロッコリーが大きくて安いと番組のスタッフの間でも盛り上がっています。葉物野菜が安いらしいですが、暖冬と関係がありそうです。

 静岡県南伊豆町にある菜の花畑の間から顔を出しているのはヒマワリです。去年の夏にこぼれた種が暖冬の影響からなのか、開花するまで成長したといいます。この珍しい光景は群馬県富岡市でも見られました。この冬は全国的に気温が高く、暖冬となっている日本列島。その影響は都内のスーパーでも。
 価格が下がっているのは主に冬野菜。なかでも値下がりしているのがブロッコリーです。その値段はなんと100円。これは例年の半分ほどの値段だといいます。今年は生育も良く、茎が太いものが多いといいます。ちなみに、茎が太いと味が良いそうです。
 しかし、農家にとっては悩みの種だといいます。ブロッコリーの生育が早すぎるため、前倒しで出荷しなければならないといいます。しかし、この値段。消費者にとってはうれしいようです。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

コメントを残す