警視庁 斉藤警視総監が就任「安全円滑な五輪を」

警視庁のトップに就任した斉藤実警視総監が1月17日に記者会見し、夏の東京オリンピック・パラリンピックに向けて「安全で円滑な開催に万全を期す」と強調しました。

 斉藤警視総監は警視庁の警備部長や副総監を歴任するなど実務経験が豊富で、2019年の皇室関連行事やトランプ大統領の来日の時には大規模警備の指揮を執りました。

 就任会見で斉藤警視総監は、夏の東京オリンピック・パラリンピックについて「警視庁の全ての部門が総力を挙げて臨む」と強調しました。

コメントを残す