5億8000万円を個人で着服 経営再建中のJDI元幹部(19/11/21)

経営再建中の“日の丸液晶”ジャパンディスプレイの経理担当だった幹部職員が約5億8000万円を着服していたことが分かりました。

 ジャパンディスプレイの経理部門を統括していた幹部職員は取引実態のない架空の会社に金銭を振り込むなどして、去年10月までの4年3カ月の間に総額約5億8000万円を着服していました。職員は去年12月に懲戒解雇されましたが、着服した金を「ギャンブルなどで使った」という趣旨の説明をしているということです。ジャパンディスプレイはこれまで政府系ファンドから4600億円余りの支援を受けていますが、5年連続の赤字で、今年9月の中間決算では1016億円の債務超過に陥っています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

コメントを残す