Tポイントの不正取得でホテル暮らし 不正の仕組みを解説

22日に逮捕された親子。

ホテルを予約しては無断キャンセル。

その数、2,215件。

目的は、不正にポイントを得ることだった。

高級ブランド品とみられるスーツケースとボストンバッグを手にした男とピンク色のコートを着こなす女。

22日に逮捕された、住所不定の岸田治子容疑者(51)と息子の治博容疑者(30)。

2人は2019年、宿泊予約サイト「一休.com」で予約した複数のホテルで、無断キャンセルを繰り返し、業務を妨害するなどした疑いが持たれている。

無断キャンセルの目的は「ポイントの不正取得」。

「一休.com」でホテルを予約すると、料金の1%から最大20%のポイントがつく。

2人は、このポイントを目当てに予約を繰り返していたとみられる。

しかし、なぜ、キャンセルをしているにもかかわらず、ポイントを受け取ることができたのか。

その理由は、ポイントサービスの仕組みにあった。

宿泊予約サイトでは、宿泊を無断でキャンセルした場合、ホテル側が予約サイトに連絡をしてポイントを取り消すことになっている。

しかし、ホテル側がこの処理をしないと、ポイントは取り消されずに受け取れるという。

こうした、「連絡忘れ」を狙って、繰り返し犯行に及んだとみられる2人。

2人は、獲得するポイントが高いホテルなどを意図的に狙って、宿泊予約を繰り返していた。

2人が犯行に使っていたのが「Tポイントカード」。

不正が発覚しないように、2人は62枚ものTポイントカードを作り、複数のIDを使い分けていた。

そして、全国のホテルで2,200回以上、8,000万円を超える宿泊予約を無断キャンセル。

このうち、予約サイトに連絡がいかなかった、およそ200万円相当のポイントを不正に得ていたとみられている。

2人は、不正ポイントを使ってホテル暮らしをしていた。

では、今回の不正に渡った200万円相当のポイントは、誰の負担になるのだろうか。

「一休.com」は、取材に対し「一休側が負担するポイント分は1%で、それ以外のポイント分はホテル側が負担する」としたうえで、「再発防止に向け、改善を図る」と回答。

ポイントサービスにくわしい専門家の株式会社エムズコミュニケイト・山根浩也さんは、「各社によって不正に対するのぞみ方が違うので、一概には言えないですけど、原理的には(ほかのサイトでも)起こりうるものだと思います」と話した。

警察の調べに対し、治子容疑者は容疑を否認。

息子の治博容疑者は、「母親と一緒に偽名を使い、宿泊予約をしたことに間違いありません」と容疑を認めている。

(関西テレビ)

(2020/01/22)

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

コメントを残す