中川大志、「ソニック・ザ・ムービー」日本語吹き替え版でソニック役に抜てき


 俳優の中川大志さんが、セガの人気ゲームシリーズ「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」の人気キャラ・ソニックを実写映画化した「ソニック・ザ・ムービー」(ジェフ・ファウラー監督、3月27日公開)の日本語吹き替え版で、主人公・ソニックの声を担当することが1月22日、わかった。中川さんが声優に挑戦するのは今回が3度目で、初の主演となる。中川さんは、「僕自身小さい頃ソニックのゲームをやっていて、すごく大好きなキャラクターでしたし、まさか自分がそのソニックの声をやらせてもらえるなんて想像もしてなかったので、最初はすごく驚きました」とコメントしている。

 また、ソニックを狙う悪の天才科学者ドクター・ロボトニック(ジム・キャリーさん)役を山寺宏一さん、ソニックの相棒となる保安官トム(ジェームズ・マースデンさん)役を中村悠一さん、トムの妻であるマディ(ティカ・サンプターさん)役を井上麻里奈さんが担当することも発表された。

 映画は、宇宙最速で走るパワーを授かった青いハリネズミのソニックが、保安官のトムとバディーを組み、宿敵のマッドサイエンティスト、ドクター・ロボトニックの恐るべき陰謀に立ち向かう冒険エンターテインメント。米国ではベン・シュワルツさんがソニックの声優を務めている。

コメントを残す