森七菜、永瀬正敏の料理に愚痴タラタラ 映画『最初の晩餐』特別映像

 染谷将太主演、戸田恵梨香、窪塚洋介、斉藤由貴、永瀬正敏など、日本映画界の豪華実力派俳優らが家族になる映画『最初の晩餐』(配給:KADOKAWA)が、2019年11月1日(金)より、全国公開!本作は、父の遺言であった“目玉焼き”から始まる唯一無二の“通夜ぶるまい”を通じて<家族になる瞬間>を過去と現在を織り交ぜながら、丁寧に描いて行く。

 主人公・麟太郎役にはヴェネチア国際映画祭で日本人初となるマルチェロ・マストロヤンニ賞を受賞した『ヒミズ』を始め、幅広い作品で多彩な顔を見せる実力派・染谷将太。その姉・美也子役に2019年後期 NHK連続テレビ小説「スカーレット」でヒロインを務める戸田恵梨香。兄シュン役にはマーティン・スコセッシ監督『沈黙ーサイレンスー』の窪塚洋介。さらに母・アキコ役に斉藤由貴、父・東 日登志役に永瀬正敏と、圧倒的な存在感を見せる。また、戸田恵梨香演じる美也子の少女時代を新海誠監督の最新アニメ『天気の子』(公開中)のヒロインに抜擢された森七菜が、白石晃士監督『地獄少女』(11月15日公開)でメインキャストの一目連役をオーディションで射止めた楽駆が窪塚洋介演じるシュンの青年時代を演じるなど、若手俳優陣の瑞々しい演技も注目ポイント!監督は「サザンオールスターズ」のドキュメンタリー映画をはじめ、CMやミュージックビデオ、短編映画など、国際的に高い評価を受けている常盤司郎監督。構想7年、渾身のオリジナル脚本の本作が満を持しての長編映画デビュー作となる。

 28日公開された特別映像では、 母・アキコ(斉藤由貴)の入院によって子供たちに初めて料理を作ることになった父・東に「もう外でいいやん」と愚痴をこぼす美也子(森七菜)にも「任せとけ!」と、淡々と料理を続ける。子供たちは、冷蔵庫で”ハム”を探している父の様子をみて、”ハムエッグ”を期待するも、フライパンに引いたのは、なんと!チーズ。その姿に驚きを隠せない子供たち。しかし「大丈夫やろう、細かいの気にするな!」と声をあげ、「美味しくなれ、美味しくなれ、美味しくなれ」と、おまじないの注目をかける。そして、創作目玉焼きを頬張る子どもたちが「おいしい!うまい!」と反応する姿を見守る姿が確認できる。大人になった麟太郎は、このエピソードを語りながら父が作ろうとした新しい家族について、そして自分にとって”家族とは”という真面目な問いかけの答えについて考え始めることに。<目玉焼き>から始まる父の通夜ぶるまいを通じて、麟太郎の心に芽生えてきた”家族”のあり方とは。

コメントを残す