浅田真央、母から受け継いだジュエリー「いつか子供に」

フィギュアスケーターの浅田真央が、最もジュエリーが似合う著名人に贈られる「第31回 日本ジュエリーベストドレッサー賞」の特別賞を受賞した。黒のドレス姿で表彰式に出席した浅田は、「ジュエリーとは受け継ぐものであり、支えてくれるものだと思う」とスピーチ。自身が一番大切にしているのは、亡き母からもらったジュエリーだそうで、「それを見ると、母が支えてくれているんだなと感じる。いつか私に家族ができたら、母から私がもらったように、子供に受け継いでもらえたら」と笑顔で話した。

出席者:Koki,(10代部門)、有村架純(20代部門)、木村文乃(30代部門)、藤原紀香(40代部門)、松下由樹(50代部門)、原田美枝子(60代以上部門)、田中圭(男性部門)、浅田真央(特別賞女性部門)、高橋英樹(特別賞男性部門)

2020年1月21日;東京・有明
7分01秒

【時事通信社】

コメントを残す