Koki,クールな“モヒカン姿”を初披露 撮影時はスタッフへの気遣いも  e-maのど飴新TVCM「2人のKōki,」篇」

 木村拓哉と工藤静香夫妻の次女でモデルのKoki,(コウキ)が、UHA味覚糖『e-maのど飴』のCMキャラクターにモデルに起用され、新TV-CM「2人のKoki,」篇(15秒)が11月2日より全国で放映開始。同CMでKoki,は、かっこよすぎる“モヒカン姿”を初披露している。

 CMは「なめてもいい。噛み砕いてもいい。」をコンセプトに、前衛的なアートギャラリー空間の中、「なめる」を象徴した衣装をまとった柔らかい雰囲気のKoki,と、「噛み砕く」を象徴した衣装をまとったクールな雰囲気のKoki,が登場。商品特徴である「なめる/噛み砕く」の対比をアーティスティックかつファッショナブルに表現している。

 撮影では、e-maのど飴を持ち難易度の高いポーズで長時間静止しなければいけなかったKoki,。監督からの、手や体の位置の細かな調整やポージング指示にも的確に応え、まさに彫刻のような曲線美を披露。また、ポスターヴィジュアル用のスチール撮影では、カメラマンが驚くほどの完璧な表情とポージングで、一発OKを連発。どのカットをとってもNGとならないほどの完成度の高さでした。

9月初旬のまだ暑さが残る時期に、重たい衣装を纏う過酷な撮影だったが、暑さやつらさなどは一切見せず、終始、撮影中は真剣に、また撮影の合間は笑顔の絶えないKoki,は、周りのスタッフへのあいさつや気遣いを欠かさず、溢れる笑顔で現場はあたたかい雰囲気に包まれていたという。

コメントを残す