「MONSTA X」キヒョン、肋骨負傷でもLA公演に出演「ファンとの約束を守るため」 (8/11)

「MONSTA X」キヒョン、肋骨負傷でもLA公演に出演「ファンとの約束を守るため」

記事のURLはこちら→ http://www.wowkorea.jp/news/enter/2019/0811/10239698.html

「MONSTA X」キヒョンが肋骨を負傷したが、イスに座って公演を行った。

 「MONSTA X」は11日午前11時(韓国時間)、米国LAステイプルズ・センターで、ワールドツアー「WE ARE HERE」を開催。この日の公演は、NAVER V LIVE +で全世界に公開された。

 この日の公演は「SHOOT OUT」、「HERO」、「Trespass」で幕を開けた。このとき、キヒョンはイスに座って公演を行い、ファンを心配させた。キヒョンは肋骨を負傷したと伝えられた。

 オープニングステージが終わった後、ショヌは「オープニングステージを見て、すごく驚いた方もいると思います。改めてもう一度申し上げます。キヒョンが負傷により、公演をやむを得ず、イスに座って行うことになりました」と明かした。

 続けて「本来なら、病院で休まなくてはいけないと言われたのですが、“スーパー情熱マン”キヒョンがきょう、ファンの皆さんとの約束を守るため、絶対にステージに立ちたいと言い、一緒にステージを進行することになりました」と伝えた。

 キヒョンは「皆さんと約束していたので、出ることにしました。ダンスは踊れなくても、歌は頑張って歌います。満足できるぐらい、頑張って歌います。心配しないでください」とファンを安心させた。

 ウォノも「キヒョンが早く良くなって、ステージを一緒に楽しめるよう、MONBEBE(『MONSTA X』のファン)たちが頑張って応援してくれたらうれしい」と付け加えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。