【単独】チョン・ジュノ側、春川市名誉広報大使としてリゾート無許可営業の疑惑について事実関係を確認中 (12/3)

【単独】チョン・ジュノ側、春川市名誉広報大使としてリゾート無許可営業の疑惑について事実関係を確認中

記事のURLはこちら→ http://www.wowkorea.jp/news/enter/2019/1203/10246642.html

 俳優のチョン・ジュノ側が"春川(チュンチョン)市名誉広報大使俳優参加"による大型リゾートの無許可営業の疑いと関連し、これに関する疑惑に対して事実関係を確認中である。

 今月2日夜にチョン・ジュノ側の関係者は「春川市の名誉広報大使および俳優参加によるリゾートのニュースに関連し、現在事実関係を確認中である」と述べた。

 これに先立ち同日夜、SBSの「8ニュース」は江原道(カンウォンド)春川市の北漢江(プカンガン)沿いの旧京春線鉄道の隣にあるリゾート地が任意で用途変更を行い、営業を行っていると報じた。「8ニュース」によると今年10月に江原道と春川市から数億ウォンにわたる予算の支援を受け、イベントを開いた場所である。現在、客室や観光施設、プールなどを備えたリゾート地として知られている。

 しかし企業側は春川市に多世帯住宅や体育施設として申告したことが明らかになった。リゾート運営が不可能な施設として許可を受けたが、任意で用途を変更したという。施設関係者は「建物の大部分が映画やドラマのためのセット場であるだけで、これにより金を稼いではいない」と釈明した。しかしリゾートのホームページには客室やリアルタイム予約システムが残っている状況だ。

 また「8ニュース」側は有名俳優がこの建物の造成に参加し、その俳優は春川市の名誉広報大使としても活動中だと報じた。偶然にもチョン・ジュノが春川市の名誉広報大使であるうえに春川市に所在するリゾートを運営している疑惑が持たれた。

 これに関してチョン・ジュノ側の関係者は「SBSの『8ニュース』のオンエア直後、問い合わせの連絡を受けているが、まだ報道内容について詳しく把握できていない。ニュースの内容と関連して具体的な事実関係を把握した後、早々に公式表明を配布できるようにする」とし、中途半端な判断を慎むよう呼び掛けた。

 チョン・ジュノは1995年にMBC局の24期公式採用タレントとしてデビューした俳優だ。最近放送が終了したKBS 2TVのドラマ「朝鮮ロコ-ノクドゥ伝」で光海君(クァンヘ)役を熱演した。

コメントを残す