キム・ジェジュン(JYJ)、グラビアで手の負傷にもかかわらず卓越なビジュアルを表現、カムバック邁進中 (1/23)

キム・ジェジュン(JYJ)、グラビアで手の負傷にもかかわらず卓越なビジュアルを表現、カムバック邁進中

記事のURLはこちら→ http://www.wowkorea.jp/news/enter/2020/0123/10249927.html

歌手のキム・ジェジュン(JYJ)が卓越したビジュアルをアピールした。

23日にファッションマガジン「DAZED KOREA」はキム・ジェジュンのグラビアとインタビューを公開した。

今回公開されたグラビアの中でキム・ジェジュンは手を負傷にも関わらず、高い身長と完ぺきなビジュアルを披露した。フラワープリントのシャツを身に着け、少年のような姿をアピールしたかと思えば、ベーシックなブラックのノースリーブのトップスで筋肉を露わにし、男性美を醸し出した。

全身カットはもちろんクローズアップしたカットで多彩な表情を演じたキム・ジェジュンの熟練さも目立つ。彼は持ち前の活気さで撮影現場の雰囲気を主導したという。

また続いて行われたインタビューで彼は初めてバラード曲をタイトル曲に打ち出した今回のアルバムに対して「4年ぶりの新しいアルバムだとファンたちの期待が大きいのに、落ち着いたバラードで失望しないかと心配した」としながらも「ただ私の新しい姿をお見せしようと思った」と説明した。

そして「2月中に放送予定のバラエティ番組『Travel Buddies(トラベルバディーズ)』の撮影のために先月アルゼンチンに行ってきた」とし「『地球の地球の裏側で私を応援してくれる人がまだこんなに多いんだな』と思い驚いた」と述べ、デビュー17年目のグローバルアーティストとしての面貌を誇った。

これに先立ちキム・ジェジュンは今月14日に新しいミニアルバム「愛謡」を発売し4年ぶりにカムバックした。続いて18日と19日の両日間、ソウル・慶煕(キョンヒ)大学の平和の殿堂でコンサート「2020 KIM JAE JOONG Asia Tour Concert」を開催しアジアツアーの砲門を開いた。

一方、キム・ジェジュンのグラビアとインタビューは「DAZED KOREA」2020年2月号とホームページ、インスタグラム、YouTubeチャンネルなど公式SNSを通じて確認することができる。

コメントを残す