“スターシェフ”チェ・ヒョンソク、私文書偽造加担疑惑&ハッキング被害提起=出演バラエティ側「確認中」 (1/17)

“スターシェフ”チェ・ヒョンソク、私文書偽造加担疑惑&ハッキング被害提起=出演バラエティ側「確認中」

記事のURLはこちら→ http://www.wowkorea.jp/news/enter/2020/0117/10249529.html

韓国のスターシェフ=チェ・ヒョンソクの私文書偽造加担疑惑が提起された。ここにチェ・ヒョンソクがハッキング被害に遭ったという主張も浮上。これと関連し、チェ・ヒョンソクが出演中のバラエティ番組の制作陣が事実確認に入った。

 17日、KBS「社長の耳はロバの耳」の関係者は、出演者チェ・ヒョンソクの私文書偽造疑惑に関して「現在、事実確認中」との立場を伝えた。tvN「スミさん家のおかず」側も同日、「事実確認中」とし「慎重に状況を見守っている」と伝えた。

 先立って、あるメディアはチェ・ヒョンソクが私文書偽造事件に関与したと報じた。報道によると、チェ・ヒョンソクは新生会社に移籍するため、所属事務所と契約が残っていたにもかかわらず、財務理事A氏が主導したマネジメント契約書偽造に加担した。

 その後、チェ・ヒョンソクの携帯電話がハッキングされ、該当情報が外部に知られることとなった。ハッカーらはチェ・ヒョンソクのプライバシーを口実に脅迫し、交渉に応じない場合、動画を流布すると脅したことがわかった。

 これと関連し、チェ・ヒョンソク側は沈黙している状況だ。チェ・ヒョンソクのレストランとも現在、連絡が取れていない。

コメントを残す